海外で人気!抱っこ紐にはベビーラップがオススメ!

育児便利グッズ

ベビーラップとは何か?

抱っこ紐は色々種類があって初めて育児をする時には何を買えば良いのかわかりませんよね?

しかも、結構高かったりします。

日本で見かける一般的な抱っこ紐は胸や腰の辺りにベルトが付いて、

ガチャっと固定する「ベビーキャリア」というものです。

対して、一本の布(4m位)を使って赤ちゃんを体にぴったりと巻きつけるのが「ベビーラップ」です。

その密着具合から赤ちゃんを衣類のように纏っているので

「ベビーウェアリング」とも呼ばれ、一部のお母さんの間では愛用されています。

ベビーラップの特徴

長所としては

1、ぴったりと巻きつけているので安定感がある。

2、赤ちゃんが高い位置に来るので重心が上がり、布の面で支えるので重さが分散され、抱っこしてる人の体への負担が少ない。

3、赤ちゃんも自然な姿勢が保てるので体への負担が少ない。

4、お母さんも赤ちゃんも温もりが感じられるので安心出来る。

5、慣れれば抱っこ、おんぶで何通りもの巻き方が出来る。

6、畳んだ時がコンパクト。

7、洗いやすい。

8、緊急の敷布団にしたり、掛け布団にしたり応用が利く。

など良い事はたくさんあります。

短所としては

1、巻くためには何回か練習が必要

2、メジャーでは無いので講習会などが限られた場所でしかやっていない。

3、4m程あるので一本の布の割には意外と高い。

4、海外ではメーカーもたくさんあるが、日本での取り扱いメーカーが少ない。

という事です。

私なりのベビーラップ短所の克服

1、練習が必要なのはベビーキャリアでも一緒です。
家事は毎日しなくてはならないので必然的に毎日抱っこ・おんぶして練習になっていました。
(おんぶすれば泣き止むので)

2、巻き方などは実際に教わることが出来ない地域に住んでいたので、
ネットで実践している人のブログや動画を探して研究してました。
鏡と動画でチェックしながら練習しました。

4、実は私が使っているのは手芸店で買った綿の普通の布です。
110cm巾のものを2m買い横に切って縫い合わせて4mにしました。これで1500円程です。
メーカーから買うと1万円近くするとこがあります。
その分丈夫なので、安全性が保証されているのですが…。
息子は現在8kgあり、毎日使っていますが、今の所破れたりする事なく使えています。

使い始めて4カ月程しましたが、息子に布を見せて準備すると

キャッキャ笑って期待のこもった目で見てきます。

ベビーラップでの抱っこ・おんぶか大好きなようです。

毎日大体1時間ずつを3回、合計で3時間ほど巻きつけていますが、さほど体のコリは感じません。