歯並びによい母乳から離乳食への移行の時期の話

歯並び

1

母乳と歯並び

妊娠と出産を経て育児にも慣れ数カ月経過してみると季節はあったかな春、

新生児だったベビーはふっくら成長し、個性が感じられる月齢になります。

出産前に生まれたら母乳で育てるのがいいという学びがありますが、

母乳育児しつつ子供一人の個性を作るたいせつさを実感するというもの。

母乳がよいと言う理由は顔の骨格作りにもなる歯やアゴの発育の重要ポイントだから、

哺乳瓶でミルクを飲む場合と比べるとママのおっぱいを吸い込む力の方ががより必要になり、

乳歯が生える時期の歯並びのリスクも軽減されるというメリットがあるから。

乳首から母乳を飲むには舌と下あごが前に誘導されるため、

母乳期間が長いと下あごの発達が促進される顔全体の骨格も乳児に段階から

しっかりした形になるのだそうです。

歯の健康では大人でも柔らかい物ばかり食べるとアゴや歯に好ましくないのが

一般常識、ママの母乳始めは生まれてから卒乳までの期間で

食育始めと言ってもいいと考えます。

初乳はベビーの免疫力に必須、卒乳までの10カ月前後は母乳を飲ませることで

よいスキンシップとコミニュケーションができる貴重な時、

母乳分泌に関するホルモンは愛情ホルモンと言ってよい母子の絆作りに役立つ子育て。

離乳食の季節

下の前歯が生える月齢になると母乳やミルクだけだった食が

お粥から始める離乳食の時期、新米ママにはちゃんとした固形物で

食べられるまでの課題の様でもある子育てジャンル。

毎日3食の離乳食と考えると結構忙しい育児ライフと感じますが、

文明が進んだ現代ならば一回分がキューブの冷凍物の野菜アイテムもあるし、

ママも休息しながら進めていけたらいいですね。

最初はお米からの10倍粥、お鍋でフツフツして作り始めるとしても

どれくらいの量からと考えますね、

まずは計量スプーンの小匙一杯からコミニュケーションしながら食べさせてみましょう。

この時パパもいる休日だと始めやすいですね、

一日目と二日目は同じ量で3日目で大匙1杯(小匙では3杯)にしてみる、

7日目までこの量で8日目からニンジンやジャガイモ、

カボチャなどすった状態でお粥に混ぜてみてください。

こういう時にキューブの冷凍野菜が便利、離乳食も時短クッキング、

10倍粥が大匙1杯に対して野菜ペーストが小匙一杯、

白菜やホウレン草は離乳食が少し進んでからにしましょう。

なめらかで柔らかや裏ごしが離乳食初期ゴックン期の料理法です。