保育園に入れるならば早いうちに申し込もう!様々な保育園事情について

保育園・幼稚園

1

先日、とあるネットサイトにて、保育園に入れさせろ!

と言う匿名のママからの投稿があり、これがちょっとした

世間の話題にもなっています。

この投稿したママ曰く、保育園に入園することが出来なかった、

女性の社会進出が~などと言う癖に、国では保育園の数なども少ないと

言うものでしたが、保育園に入れないということは、

やはり働くママには大きな問題となっているのです。

大阪や東京の都心だと保育園に入るのもかなり難しい!

まず、子供が認可保育園に入れるかどうかは、

住んでいる地区にもよることがあります。

大阪や東京などは、人口も多いため、都心などには沢山の人が住んでいます。

また、都心では、通勤などのアクセスは便利ですが、

家賃が高いなどの問題もあり、生活にもお金が掛かることもあるため、

保育園を利用して、ママも働く共働きの家庭も少なくありません。

そのため、子供が生後間も無い頃から、

希望する保育園に入園希望を出す人も多いものです。

都心では、ある程度の年齢になってから子供を保育園に入れようとしたら、

空きが無かったなんてことも少なくありません。

それに、保育園に入るためには、いろんな理由も必要となります。

例えば、ママがずっと仕事をしている場合や、妊婦だったり、

病気になったりした際には、優先的に保育園を

利用することが出来るようにもなっています。

このようなことからも、ママがずっと専業主婦で、

特に家庭に問題も無かった場合や、保育園に子供を入れてから仕事を探す~

と言う家庭の子供は、入園出来ない恐れも都心の保育園にはあるようです。

希望する保育園の他にもいくつか候補を絞って申請も出来る!

それに、保育園を利用したいと思ったら、自宅の近くが良い、

仕事場の近くが良いなどの希望もあるかと思います。

しかし、その希望した保育園が、アクセスが便利な場所などにある場合には、

やはり人気も集中してしまい、抽選にもれてしまうこともあります。

そうなると、もう保育園は利用出来ないのか・・・

と困るかも知れませんが、他にも希望する園があれば、

役所に同時に入園希望を届けることも可能となっているのです。

第二、第三希望まで申請することも地区によっては

可能となっていることも少なくありませんので、

もしも入りたい園が難しい時でも、第二、第三希望の保育園をリストアップしておき、

同時に申請しておくのも良いかと思います。

それに、毎年、保育園の申し込みも役所で受け付けていますので、

他の保育園に入園が決まったとしても、どうしても希望する園に移りたい場合などは、

秋頃に役所に問い合わせて聞いてみるのも良いでしょう。