幼稚園選びは子供の性格を重視する(子供の負担を少しでも減らす・幼稚園では子供の世界がある)

保育園・幼稚園

1

幼稚園選びは子供の性格重視:子供の負担を少しでも減らす

子供が人見知りが酷いのに、無理に大規模の幼稚園に入れたり、

先生の目があまり届かないようになったりすると

子供は幼稚園嫌いになる可能性があります。

幼稚園でもあまりに人数が多いと幼稚園でも遊ばせるばかりで

日常生活の基本的な事が分からなかったりします。

そのような大規模の幼稚園が合うお子さんもいますが、

それは子供の性格によるものであるのです。

子供の性格をしっかり見据えて幼稚園選びをする事が大切です。

子供の性格を一番良く知ってるのは両親なので

その事を充分に頭に入れておくようにしましょう。

近いの幼稚園を選べば、その後の小学校、中学校と同じメンバーで進級するのですが、

少しでも距離がある幼稚園を選ぶのであれば友達も変わってしまうのです。

幼稚園選びは子供の性格重視:幼稚園では子供の世界がある

女の子は小さいうちからグループに別れる傾向があります。

どのグループにも属さない子供の中にいるのですが、

そのような子供の姿をみると親も焦ってしまいます。

先生に相談しても「一人遊びの時期ですのでその時期を大切にしてください」という返答がほとんどなのです。

これも子供の成長や性格にもよりますが、子供には子供の世界があります。

見守るという事も大切なのです。

勿論、親が友達を探してあげる事は出来ないのです。

特に年少だと4月生まれの子と3月生まれの子ではかなりの差があるのです。

小さい頃の一年は大きいものなのです。

そんな中、子供なりに慣れない幼稚園生活を送ってるので焦らせてしまうと

子供の個性も奪われてしまう可能性が出る事もあるのです。

子供にとったら友達の作り方も勉強であり、喧嘩した時の謝り方も勉強なのです。

そんな子供の世界に親がドンドン入っていったら親がいないと何も出来ない子供になっていくのです。

しかし、何も口をはさまないのではなく、親が出て行かなくてはいかない場合もあるので、

そのタイミングや子供の様子がいつもと違うなど

異変に気づいたら迷わず言うようにしましょう。