よちよち歩きになってからも大活躍!「おんぶひも」

育児便利グッズ

1

赤ちゃんの首が座る頃から活躍する「おんぶひも」。

胸のところでバツ印になるためか、最近はおんぶしているママを見かけなくなりました。

今は、赤ちゃんとのお出かけといえば、ベビーカーが主流のようですね。

まだ使ったことのない方は、ぜひ「おんぶひも」を試してみませんか。

実はとても便利なすぐれもの。

「おんぶひもの利点」と「おんぶひもお出かけアイデア」をご紹介しましょう。

おんぶひもの利点

おんぶひもの利点は、何と言ってもその機動性です。例をいくつか挙げてみましょう。

1.電車・バス

電車やバスの乗り降りの際、ベビーカーを「よいしょ!」と持ち上げるママさん、よく見かけますね。何とか座席を確保しても、ベビーカーの置き場に困り、ようやく落ち着いたと思えば、もう降りなくてはとあたふたしがちです。でも、おんぶひもなら、すいすいと乗り降り可能。時間があれば、赤ちゃんを下ろして抱っこもできますよ。

2.自転車

これは、自転車に乗り慣れて、バランス感覚のあるママ向けですが、おんぶをしたまま自転車に乗ることもできます。かごに乗るよりも、赤ちゃんにとっても、一体感と安心感があるでしょう。

3.買い物

日々の買い物にもおんぶひもは大活躍。ベビーカーだと、段差や通路幅を気にしなくてはいけませんが、おんぶしていれば平気です。

4.お散歩

田畑が広がる田舎道はともかく、どのような道を散歩していても、自転車、バイク、車などに遭遇しますね。ベビーカーに乗った赤ちゃんは、中型犬程度の低い場所を移動することになるため、ほこりはもろにかぶりますし、怖い思いもするはず。でも、おんぶしてママとくっついていれば、そんな心配はありませんね。

5.家事

炊事、洗濯、掃除…赤ちゃんをお世話する間にも、家事はしなくてはいけませんね。赤ちゃんがなかなか寝付かない場合も、おんぶして話しかけたり歌をうたったりしながら、家事をするうち、ママの背中で安心して眠ってしまいますよ。赤ちゃんも安心、家事もはかどり、一挙両得です。

おんぶひもお出かけアイデア

おんぶひもが敬遠される大きな理由は、はじめに挙げたように、

胸のところのバツ印ではないでしょうか。

これは、ケープを使えば、一挙に解決します。

「ケープって、冬物でしょう。夏は暑くて仕方ないわ」という方は、

ネット等で探してみると、薄手のケープが見付かりますよ。

また、「家の中ならOKだけど、色柄がいまひとつおしゃれじゃなくて、

外には出かけられないな…」という方は、サイズの合うケープを購入して、

好きな布地で手作りしてはいかがでしょう。

ぐるっと丸い形になっているので、切るのも縫うのも簡単です。

ボタンを付ける代わりに、スナップやマジックテープを利用したり、

リボンで留めてみたり、工夫次第ですぐに出来上がります。

すそにフリルを付けてみたり、あなたのアイデアを生かしてオリジナルのケープを作ってみましょう。

おんぶひも&ケープでお出かけすれば、いつもの何倍も声をかけられて、楽しいひとときになるでしょう。

ママも赤ちゃんもストレスフリーで笑顔になる「おんぶひも」、ぜひ試してみてくださいね。