保育園を選ぶならばこんな点にも気をつけよう!移動手段、交通手段、園内の広さについて

保活

1

春になれば、新しく新社会人や新入生になると言う人も多いかと思います。

また、子供がある程度落ち着いたら、社会復帰をすると言うお母さんもいるかも知れません。

この場合、子供がまだ小さいと、どうしても保育園に預けることになり、

都心では、保育園の空きが無いことから、社会的な問題にまでなっているケースもあるようです。

それに、運良く保育園に預けることが出来たとしても、

中には希望していた園よりも遠い場所に当選したり、

思っていたよりも保育園の設備が整っていない・・・

などと言う問題などもいくつかあるようです。

もし、これから保育園の利用を考えているお母さんがいるとすれば、

このような点も保育園を選ぶ際には注意してみてはいかがでしょうか?

移動手段によって園を決めることも

例えば、保育園を利用するにしても、あまりにも狭い場所やビルの中にあるようなところでは、

自動車が入れなかったり、道に車を一旦停止出来ないようなところなどもあるようです。

また、車が運転出来ないお母さんの場合には、

自転車やベビーカーを使うことになりますが、子供があまりにも小さく自転車が不安定な場合だと、

ベビーカーでの送り迎えや、抱っこ紐などを使うこともあるかも知れません。

そうなった場合など、通勤でかなり遠い場所まで電車などで行かないといけない恐れがあれば、

毎日の保育園への送迎で疲れてしまう可能性があります。

このようなことから、子供を評判の良い保育園に預けたいと言って、

かなり遠方のところに申し込んだ場合などは、送迎の方法なども問題になりますし、

雨の日などはどうするかもよく考えておかないといけない点でもあります。

園内があまりにも広い場合も送迎は大変なことに・・・

それに、保育園と言っても、中には保育園だけでなく、

小学校や専門学校が併設されていたりといろんなケースのところもあるようです。

そのため、すぐに入って保育園と言うところばかりでないことも把握しておかないといけません。

ギリギリの時間に送迎に行くと、園内が広い場合などは、

どうしても時間も取られてしまいますので、仕事に遅刻したり、

預ける時間を大幅に過ぎてしまう恐れもあります。

園内が広くて開放的だと言って、保育園を選んだ場合などは、

このような点も気をつけて、送迎時間もよく考えておきましょう。