赤ちゃんのイヤイヤ期!離乳食を食べなくなったらどうする?ヨーグルトやご飯など

離乳食

1

赤ちゃんと言えど、ある程度成長すれば、自我が芽生え、

自分がしたくないことや、嫌いなものなどは、はっきりと首を振って拒否したり、

手で払いのけたりすることもあります。

これぐらいの時期は、お母さんも世話をするのが大変であり、

忙しい時にイヤイヤされると、つい怒鳴ってしまうようなことも少なくありません。

けれど、現在では、兼業主婦も増えているため、仕事に行く前などに、

朝食をイヤイヤされたら、焦りの気持ちなども生じますね。

ご飯を食べさせないといけないけれど、どうしても食べてくれない場合には、

こんなものを利用するのもいかがでしょうか?

プレーンヨーグルトを拒否する赤ちゃんも多い!

赤ちゃんの健康を考えて、毎食、プレーンタイプの

ヨーグルトを与えているお母さんもいるかと思います。

ヨーグルトには抗菌作用があり、風邪などの菌に対して予防してくれる上、

腸を整える働きもありますので、やはり健康にも良いものです。

けれど、ある程度、しっかりと自我が芽生えてきたような時期には、

プレーンタイプのヨーグルトを、嫌だと拒否されたりすることもあります。

そんな時には、無糖のジャムを入れてみるのもいかがでしょうか?

加糖タイプならば、砂糖の多さが気になりますが、スーパーなどには、

無糖タイプのものがあり、素材のイチゴやブルーベリーしか使っていないようなものもあります。

価格はやや高くなりますが、一般のジャムで味をつけるならば、

このような無糖タイプを利用してみるのも良いかと思います。

ご飯を嫌がるならば赤ちゃん用のふりかけやベビーフードを使いましょう!

また、赤ちゃんの中には、白いご飯を嫌がり、食べなくなる子もいるものです。

これは、ご飯が時間が経ったため、硬くなってしまったものを食べてしまったことから、

ご飯は美味しくないと脳にインプットされてしまったことや、

ご飯に薬などを一緒に混ぜて与えてしまった場合などにも、

ご飯=美味しくないものと憶えてしまうこともあります。

それに、元からご飯が好きでは無い、ご飯の食感が嫌いと言う場合もありますので、

何が原因かはわかりにくいものです。

けれど、ご飯を食べなくなると、お母さんとしては、困ってしまうものです。

ずっとパンばかり与えてしまうのも食事の偏りになりますし、

コーンフレークなどを利用するお母さんもいますが、こちらも同じものばかりだと、

やはり食事の偏りに繋がってしまうものです。

このような場合には、ご飯に振り掛けるタイプの赤ちゃん用のふりかけも

ありますので、ご飯のお供として利用してみるのもいかがでしょうか?

和光堂の緑黄色野菜いわしおかかふりかけなどは、野菜の栄養や魚のカルシウムも

配合されていますので、ご飯にもぴったりですし、香ばしい味わいなので、

赤ちゃんも喜んで食べるようになります。

ただ、毎回、ふりかけを使っていると、食費も掛かるため、どうしても

ご飯を食べない場合などに使い、普段は出来るだけ汁物と一緒に食べさせたり、

鰹節と醤油を少量掛けて、鰹節ご飯にしてあげるのも良いでしょう。