陣痛が40時間も続くと、お腹の中の子は○○が我慢できなくなるみたい!

妊娠・出産

1

陣痛耐久40時間!

 
 
出産にまつわるエピソードを紹介します。

夫目線の記事になります。それは一人目の出産時のこと。

春が出産予定日で、周りからは「いい季節に出産することになるね~」と言われ、

初めてことではありましたが、妻も私もそんなに不安はありませんでした。

そして、出産予定日を迎えたのですが、まったく陣痛がやってきません。

一人目の出産時は、予定日より遅れることは普通にあることだと聞いていたので、

夫婦そろって、ここでもあまり不安にはなりませんでした。

そして、2週間後のある日の朝、とうとう妻にも陣痛がやってきました。

その日は私はちょうど仕事がお休みの日。

「なんて親孝行な子どもなんだろう」と思いつつ、

かかりつけの産婦人科に急いで行きました。

さて、到着して先生に診てもらうと

「陣痛は来ているみたいだけど、この子はまだしばらく出てこない様子だね~」とのこと。

ま、先生がそういうなら仕方がないのですが、隣には、もだえ苦しむ妻が。

「イタタタタ・・」と個室で頑張る妻。

だけど、待てど暮らせど分娩室には呼ばれません。

そんなこんなで、なんと翌日の朝を産婦人科で迎えることに。

私はその日は仕事だったのですが、状況が状況だけに、その日は有休を取得。

仕事に行くわけにはいきません。

まさか、産婦人科で二日目を迎えることになろうとは、夢にも思いませんでした。

自分達より後から来たご夫婦なんかはどんどん分娩室に移動→出産をしているのに、

我が家はまだまだ個室で陣痛中。

・・・さすがに少々不安になってきて、体力的にも(もちろん夫婦とも一睡もできず)限界になってきたころ、

妻に今までで激しい陣痛が到来!やった! 

ついに先生のお許しがでて、私たちが分娩室に入ったのは、

産婦人科に到着してから実に40時間後のこと。

それからは順調に自然分娩で、無事出産することができたのですが、

生まれてきたばかりの赤ん坊になにやら異変が・・・。

なんと、産声をあげません。

静かに、そして、緑色の物体に覆われた赤子

初めてみたわが子は、産声をあげず、しかもゲル状の緑色の物体に覆われていて、

まるでSF映画かホラー映画ででてきそうな様子だったのです。

私ははじめて出産直後の赤ん坊を見たので、こんなものかな?静かな子?

と思っていたのですが、どうやら違っていたみたいです。

わが子はなんとなんと、妻が陣痛中の40時間のうちに、お腹の中で「う○ち」をしてしまっていたのです。

我慢できなかったのかな?

そして、その「う○ち」が口の中から肺にまで入り込んでしまっていて、

出産直後は呼吸ができない状態になっていました。

すぐに掃除機みたいな機械で口の中から「う○ち」が吸引され、

無事、産声を上げることが出来ました。

出産直後のことだったので、特に脳に影響があるとか障害が残るとかそういうことはなく、

無事に1週間後には退院することが出来ました。