赤ちゃんに食べさせたい離乳食!こんなものもあります。ミックスベジタブルワッフル&サツマイモシチュー

離乳食

1

赤ちゃんの頃は、大人と違い、薄味が基本となりますので、

離乳食を別に作らないといけなくて、とても大変な思いをしているママも少なくありません。

よくあるケースとしては、大人の味噌汁やお鍋の味を

つける前の分をとり置きして、それを離乳食にすると言うものです。

けれど、毎食ずっと味噌汁を作る家庭もあれば、全く飲まない家庭もあるため、

やはりある程度は離乳食のレシピも必要となってくることもあります。

例えば、離乳食に使える、こんな簡単なレシピもあります。

野菜も一緒に取ろう!ミックスベジタブルワッフル

離乳食では、野菜もしっかりと取って欲しいものですね。

そのような時には、冷凍のミックスベジタブルを解凍して、

ホットケーキミックスに混ぜて作るワッフルなどもおすすめです。

100均では、電子レンジで出来るワッフル型なども販売しており、

手づかみ食べにもぴったりですので、離乳食にも活用してみてはいかがでしょうか?

まず、ミックスベジタブルを電子レンジで解凍して、冷やしておきます。

ホットケーキミックスに、卵と牛乳を入れ、よくかき混ぜます。

そこにミックスベジタブルを入れ、しっかりと混ぜ合わせ、ワッフル型に流しいれ、

電子レンジで600Wで1分ほど加熱して完成です。

焼きが甘いと感じたり、しっかりと焦げ目をつけたい場合には、

フライパンで軽く焼くのも良いでしょう。

手で掴むことが出来ますし、ホットケーキミックスで出来ますので、

忙しい時にもぴったりの離乳食です。

余った粉ミルクで簡単サツマイモシチュー!

また、ある程度の月齢になると、粉ミルクを卒業し、フォローアップミルクに換えたり、

牛乳を飲ませるようになることも多いかと思います。

このような余った粉ミルクは、飲み物に入れても良いですが、

それでも使い切れない場合には、離乳食として活用するのもおすすめです。

最初にサツマイモを適当な大きさに切っておき、

電子レンジでラップをして、中が柔らかくなるまで加熱します。

その間にお鍋に水を入れ、火に掛けて沸騰してきたら、

お湯で溶いた粉末の野菜スープを入れ、そこに粉ミルクも一緒に投入します。

柔らかくなったサツマイモを入れて、水煮のツナ缶も入れて、しばらく煮込み、

最後にとろけるチーズを細かくちぎり、火を止めます。

簡単に出来る上に、チーズとサツマイモ、ツナ缶の相性もばっちりで、赤ちゃんも喜ぶ美味しさです。

時間が無い時の離乳食や、時短で一品欲しい時にも、作ってみてくださいね。