子供の育児の時間を節約しよう! 離乳食の調理と食べさせ方にこんな方法もおすすめ!

育児と家事

1

子供が小さいと、何かと手間が掛かることも多くなります。

そのため、可愛いけれど、お母さんにとっては、毎日が大変ではないでしょうか?

また、一人だけでも大変ですが、これが双子、三つ子になると、ますます手が掛かりますし、

上に兄弟や下に年子などが産まれた場合などは、お母さんの負担ももっと掛かるようになります。

このような場合には、ちょっとした工夫で、育児に掛かる時間を節約しましょう。

離乳食を作る際には親の分も同時に作って一緒に食べる!

双子や三つ子では、離乳食が始まれば、鳥の餌やりのように、椅子を並べて、

順番に食事を与える・・・と言うケースが多いかと思います。

けれど、順番にご飯を与えるだけでも時間が掛かりますし、個人のペースがありますので、

焦ってもなかなか進まないと言うこともあります。

このようなことから、出来るだけ時間を節約したいと思うならば、

お母さんも子供と一緒に食事をするようにしましょう。

子供の離乳食を作る際には、大人のものの味をつける前のものを取り分け、

それを活用するのも良いでしょう。

一緒に食事をすると言うことは、最初は慣れないものですが、

次第に子供に食事を与えながら、自分も食事を取ることが出来るようになります。

また、お母さんが食事をしているのを見ていると、子供もどんな風に

食事をすれば良いのかも序所に憶えていきますので、

早期に自分で食事をしようとする意欲も掻き立てます。

>離乳食の用意はまとめてしておくと便利!