育児は育自!わからないことだらけで当たり前。産後うつにならないために今出来ること

産後うつ

1

育児は正直言って楽しいことばかりではありません。

妊娠前、妊娠中、楽しいことばかりを想像し、

早く会いたい、どんな顔かな・・・なんて想像していた人も少なくないはず。

ところが産まれてきてみたら、想像以上の大変さ。

産後うつなんて言葉をよく耳にするのも納得です。

どうしてそうなってしまうのでしょうか。

おそらく想像していた光景とずいぶん違ってしまうからでしょう。

だけどその思いを抱えているのはあなただけではありません。

みんな誰もが同じなんです。

だから心配しなくても大丈夫。

お産と同じ。案ずるより産むが易し!

まずは赤ちゃんと二人、家でひきこもっていないで、思い切って外に出かけましょう。

そして心配なこと、悩みごとなどを誰かに愚痴って聞いてもらいましょう。

しゃべるだけでもすっきりできるのが、女性の特権です。

ときには一時保育なんか利用するのも手ですよ。

どこへ行けばいいのかわからない。

そんな時は広報誌などに目を通してみてください。

支援してくれる場所や人など、必ずあるはずです、

散歩しながら公園や公民館などをのぞいてみるのも、

気分転換にもなり情報も収集できて一石二鳥ですよ。

ショッピングセンターの赤ちゃんコーナーで、育児相談をやっていたりする所もあります。

利用できるところはできるだけ利用しましょう。

頑張りすぎないで。

肩の力をぬいてできるだけたくさんの人に頼りましょう!

早く大きくなってほしい。

昼と夜の区別がつくようになってほしい。

一人でご飯を食べることができるようになってほしい。

おむつを早く卒業してほしい。

毎日毎日繰り返される育児に、投げ出したくなることもあるでしょう。

だけど、ほんの数年の間だけなんです。

数年後振り返ってみれば、あの時はあのときで幸せだったんだな。

きっとそう思えるときがきます。

だからこそ、今、大変な育児の時期を、大切な時間としてすごしてほしいと思います。

どうかくれぐれも、頑張りすぎないでくださいね。